石田塾12期GS緊急報告!僕がGS(グランドステージ)で手に入れたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京都内某所20:27。豪邸の屋上でくつろぐ集団

東京のとある一角。

西郷隆盛の像からそう遠くないところ。

5階建ての建物の広々とした屋上。夜の8時半。

この日は、石田塾GSの勉強会と懇親会があり、夕食も終わって、みんなグラスを片手に優雅にくつろいでいるところです。

ソファの中央に座っている白っぽいシャツの人が、石田塾の塾長・石田健さんです。

この写真には一部の人しか写っていませんが、この日、20人のGS塾生、さらにスタッフの方などを含めると総勢30人ぐらいが、この建物にお邪魔しています。

この建物とは、石田塾長の自宅なのです。

5階建てで、最新式のエレベーターがあり、1階にはフェラーリとベンツの計3台が入ったガレージがあります。繰り返しますが、これはオフィスではなく、普段住んでいる個人宅です。

彼は、家を探しているとき、内見したその日にこの建物の購入を決めたそうです。

これだけの物件を迷わず決めるとは、何という財力、なんという余裕でしょう。

そして、石田健さんとはいったいどういう人なのでしょうか。

石田塾GS(グランドステージ)って何?

石田塾GS温泉合宿での勉強会

石田塾とは、石田健さんが2004年に始めた伝説のネット私塾です。約15年の間に延べ6,000人もの人たちに教え、現在その11期が開講中です。

アフィリエイトや情報商材ビジネス、プロダクトローンチなどをはじめとして、パソコン1台で、自宅のリビングでコツコツと始める自分だけのビジネスを教えています。

アフィリエイトで月に一千万稼ぐ人、年商何十億の企業オーナー、Googleも一目おくSEOのエキスパートなど、ちょっと信じられない「異常な」卒業生をたくさん輩出しています。

GS(グランドステージ)とは、その石田塾の上位コースです。
(一般コースとGSの違いはいっぱいあります。こちらをご覧ください

僕は、石田塾GSに、10期・11期と継続して在籍しています。

このサイトでは、石田塾GSのカリキュラム詳細などよりも、塾生にしかわからない世界、塾長のそばにいた人間にしか体験できないことをお伝えします。

石田塾カリキュラムの詳細そして申込みは、こちらからご覧ください。12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます!(このサイトからお申込みください)↓

石田健さんとは何者?

石田健さん宅のガレージにあるフェラーリ

前述の通り、石田健さんは、都内に豪邸を持ちフェラーリとベンツを気分によって乗り回しているミリオネアです。

でも、彼は最初からそうではありませんでした。いえ、むしろその真逆の状況でした。

今から遡ること20年あまり前、彼には、親御さんの経営する会社の継承者の道が約束されていました。

その会社の仕事として、毎日毎日、トラックで卵を運搬する肉体労働にいそしんでいました。ところが、会社の経営は既に傾いていて、家計は苦しく、銀行の口座の残金はひどいときには380円しかありませんでした。

消費者金融にも手を出す有様です。

ついに彼は、親御さんの会社を退職しました。どうしたら生きられるか、どうしたら稼げるかを一人で試行錯誤し、朝から晩までパソコンに向かいました。

そして、鬼のように稼ぎの道を切り開いてきたのです。

やがて、たったひとりで毎月サイトアフィリエイトだけで1,000万円以上稼ぎ、メルマガやコンテンツ販売も展開して、年間数億円稼ぐに至りました。

ついには、残高380円のほぼ破産状態から180億円もの売上をあげるに至ったのです。

どう考えても普通ではありませんが、事実彼はこうして、地べたから這い上がったのです。

石田健さんは、幸運だったのか?

石田健さんと我々は、一体何が違うのでしょうか?

才能や幸運、環境など、先天的な違い・環境の違いはあったのかもしれません。そういう意味では、一般に、人それぞれ公平とは言い難いこともあるでしょう。

しかし、世の成功者たちは、あらゆる苦難からスタートしているケースが多いです。

  • 亡くなった親が残した何億円もの借金を返すところからスタートした
  • 突如リストラされて、蓄えもなく、妻と乳飲み子を抱えて呆然と立ちつくしていた
  • 何度も起業したが、人付き合いが下手で、失敗したり仲間に騙され、都度一文無しに近くなった

誰もが様々な問題を抱えており、困難の中から始まったケースなど、いくらでもあります。

石田さんのケースも、一概に「恵まれている」とは言い切れないかもしれません。次期社長という安泰のレールの上にいたにも変わらず、一転して会社が傾き、膨大な借金が残った。

このままこの会社にいては、自分は奴隷、いや、会社の借金返済のために一生働かされる社畜ゾンビになってしまう。そう思い、会社を捨てて、飛び出したのです。

安泰のレールは、見事に崩れ去りました。そしてそこから、彼の戦いが始まったのです。

我々と圧倒的に違う人

石田塾懇親会での石田健さん

この1年間(2期分)、僕はGSコースで、かなり彼に近い位置で、彼の考え方、行動の仕方をつぶさに見てきたつもりです。それがまさに、僕がGSコースに入った大きな理由だったのです。

GSは、一般コースに比べて、塾長といる頻度も時間も格段に多く、長いです。一般コースでは体験することができない貴重な時間を、半年間たっぷりと享受できるのです。

僕は、この人が、なぜどん底から立ち上がれたのか。なぜ180億円もの売上をあげるまでに至ったのか、そのマインドが見たかったのです。

そして観察の結果、彼は我々と圧倒的に違う人なのだということが、わかりました。

そうです。圧倒的に違うのです。

我々と違う2つの大きな要因

圧倒的な違いは、大きく2つあると思います。

パイオニアとしての目

リビングでピアノを弾く石田健さん

一つは、ビジネスを開発したり追及したりする、パイオニアとしての目です。圧倒的に違います。

この卓越した能力が、石田健さんが、メルマガやアフィリエイト黎明期にそのビジネスに着目し、膨大な成果を出した理由であり、その後何十億円、百億円以上も稼いできた一番の理由だと思います。

この能力については、到底追いつかないと思うかもしれませんが、実は入塾すると違うのです。

石田塾では、塾長が提供する最新のノウハウに触れていきます。

それらを真剣に学んでいけば、少しずつ自分のものにすることができるのです。つまり、素人であっても、いきなりにしてパイオニアの視点を授かるのです。

ノウハウを学び、実際に作業して、センスを磨き、それまで自分の中に眠っていた能力を開発することができるのです。

ここで詳しく書くわけにはいきません。パイオニアとしての石田健さん、そして最新の石田塾について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

石田塾の詳細はこちら

モンスター級に稼ぐようになった卒業生の中には、実はパソコン初心者や超アナログ人間が数多くいました。そうした人もゼロの状態から石田塾でコツコツ始めて、少しずつ大きな稼ぎを出していったのです。

リミッターをはずす

石田塾懇親会での石田健さん

二つ目の要因は、リミッターを解除できる人ということです。

これが、このサイトで言いたい核となる部分です。

リミッターとは、心のリミッター、行動のリミッターです。

多くの人が、物事にとりくむときに、いろいろな雑念を描きます。

  • この計画は、やっぱり無理なんじゃないか?
  • 今はやめておいて、いつの日にかやろう
  • どう考えても、成功するはずがない
  • 人に見せたら、きっと笑われるに違いない
  • やっぱり、自分にはできないと思う

このようなリミッターをかけて自分を守り、躊躇したり、諦めて引き返します。

やってみればできるかもしれないのに、自分を信じきれず、勝手に膨らましたプレッシャーに負けて、引き返すのです。

これは、本能的に自分を守るために、誰にでもある傾向だと思います。

石田健さんは、この「迷いや不安が出てくる前に行動に移す」のです。自分が躊躇しないように、迷わないように、自分で自分をリードするのです。

行動開始のリミッターをはずす、ということです。

行動中のリミッター

何かに取り組んでいる最中、行動中でも、自分を守るリミッターは存在します。

  • ここまでやったんだから、もう十分だろう
  • これ以上はできない(やりたくない)
  • そこそこできたから、これでいいや(満足だ)
  • ああ、やっぱり効果が出ていない
  • いっそ、やらなきゃよかったかな?

多くの場合、人は、取り組むときのゴールを、かなり手前で自分で勝手に決めてしまう傾向があるように思います。

そして、結果が出ないと思い込んで、諦めてしまうのです。できないことの言い訳をいつも探しています。

多くの成功者たちは、このリミッターを自力で解除しています。

これまでの自分の習慣や常識を捨てて、無制限で取り組む、ということです。

言われたことの10倍やって、10種類やって、1ヶ月のところ3ヶ月、半年、一年やってみて、少しずつ効果を感じてくる。

挙句の果てに「普通ここまでやらないでしょ?」というところまでやってみる。

石田健さんは、その最たる存在です。

あくまでも想像ですが、彼が稼ぎ始めたとき、数千万、数億と、売上が伸びたと思います。そこで、「まあ、この程度でいいかな」と思うか、「まだまだ足りない、もっといける」と思うかで、その後の行動が変わるでしょう。

まだまだ足りない、もっといける

石田さんは、きっとそう思ったのだと思います。

糖質制限で振り切ったメーター

この手の話は、石田健さんにはいくつかありますが、最近のところで「糖質制限」のエピソードを紹介します。

石田さんの仲間でもある、ある有名な人が糖質制限を行なって、運動もろくにせずに劇的に痩せた人がいました。

それに倣って、石田さんは実験をかねて糖質制限を始めました。

とにかく、食事のたびにスマホのアプリで糖質を確認し、「これはOK」「これはNG」と、食物を選別して制限していきます。

ご飯(米)を食べるのをやめ、麺やパンも控え、昼はメカブと納豆を混ぜたものやおでんなど、とにかく糖質の少ないものを食べ、温泉旅行の夕飯のご馳走でさえ、より分けた挙句「食べられるものがなくなるほど」制限を続けていました。

しかし、ある時期、糖質制限とジョギングを並行して続けた結果、ついに肝臓を傷めてしまいました!

医師に注意されたのは、本来運動をするなら、糖質はある程度とらなければならなかったということです。

知らなかったことといえ、やがて命にかかわることでした ( ̄Д ̄;;

このエピソードは極端な例なのかも知れませんが、ここから見えてくるのは、とにかく自分が思ったら、とことんメーターが振り切るまでやってみる、取り組んでみる、続けてみるということです。

そのレンジが、ハンパではありません。

つまり、石田健さんとは、極端なほどに頑張る人なのです。

言い換えると、「ハンパな状態で終わらない人」です。

(ただし、見極めて退くときはあります。何もかもに盲目的に全力投球するのではありません。その辺の見極めは、逆にかなり綿密でシビアです)

彼の奥様に言わせると「バランスが取れない人」だそうですが、それこそ「バランスなどよりも、行くところまで行って、結果を見てみる」という行動範囲が、常人とは圧倒的に違うと思うのです。

これまでの自分の習慣や常識を捨てて取り組む

石田塾長と国府田

180億円。

一般の人が想像もつかない売上額は、こうした極端な頑張りの結果なのではないかと思います。

石田健さんが、何か特異な存在のように感じるでしょうか?

僕は、我々と圧倒的に違う人だと思うと同時に、そうした努力は常人でもできるものだ、と思います。

なぜならば、リミッターをはずすのは、自分の心構えや行動を変えていくことだからです。これが一握りの人にしかできない特殊な才能とは言えません。

これまでの自分の習慣や常識を捨てて、無制限で取り組む、これは誰にでもチャレンジできることです。

本人の心や行動次第で、どこまで行けるかは決まり、出てくる結果も違うのです。

これが、僕がGSで手に入れた一番大きなことです。

僕はこの、自分で制限をつけないという考え方、行動の仕方に、少しでも近づけるように、引き続き頑張っていきます。そしてさらに、石田健さんの秘密を暴いていきます(笑)。

現在、石田塾11期ですが、次は12期が今年の8月から始まります。

もしご興味がある方は、一緒にやってみませんか?

石田塾12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます(このサイトからお申込みください)↓

GS(グランドステージ)の紹介

左から2番目が石田塾長、1番右が国府田です。GSの勉強会の後の懇親会(飲み会)にて。

石田塾GSの内容

石田塾GS(グランドステージ)は、以下のような人にお勧めです。

【石田塾GSは、こんな人におすすめです】

  • 最速で稼ぎを出したい
  • 制限を気にせず、石田塾の中で最も手厚いサポートと指導を受けたい人
  • 石田塾長に最接近して、塾長の考え方やマインドを直に学びたい人

石田塾GSは、石田塾の最上位の特別コースです。

基本的に内容は石田塾一般コースと変わりありませんが、その権利の多さ・深さ、そして享受できるボリュームが違います

そして、前述の通り、塾長の石田健さんに接する頻度・距離が圧倒的に違います

また、一人ひとりに専用のコンシェルジュ(サポートスタッフ)がつきますので、普通コースよりもさらに親切・丁寧です。

普通コースとGSとの違いは、以下のとおりです。

※モバイルでは、↓下記の表をスワイプで見ることができます。

提供サービス 石田塾 石田塾GS
(スタッフ)回数無制限のメールサポート
(スタッフ)マンツーマンSkypeサポート(1日1回20分まで)
(スタッフ)回数無制限チャットワークサポート
石田塾全体セミナー(期間中1回)
石田塾長による個人面談(期間中1回、45分程度)
【大阪、名古屋、福岡、札幌】地方出張面談、勉強会、懇親会
(期間中1回。東京の個人面談、勉強会に参加していない方のみ)
東京勉強会+懇親会(期間中1回)
LINEグループへの招待(石田塾長も参加、1グループ15名前後)
(塾長)回数無制限のメールサポート
(塾長)マンツーマンSkypeサポート(1回25分、期間中2回)
(塾長)マンツーマンSkypeサポート(1回25分、期間中無制限) ×
(スタッフ)マンツーマンSkypeサポート(時間・回数無制限)
※通常コースの場合1日1回20分までのところ回数無制限になります。
×
(塾長)LINEでの個別相談・質問回答(無制限) ×
コンシェルジュ制度(スタッフ1名以上が専属で担当) ×
コンシェルジュによる進捗管理 ×
石田・コンシェルジュとの専用チャットルーム ×
アカデミアジャパン訪問作業およびサポート(六本木、月5回まで) ×
石田塾長とのサシのみ権利(期間中1回) ×
スタートアップ合宿(宿泊は各自手配) ×
(塾長)マンツーマンSkypeサポート(1回25分、期間中無制限) ×
2泊3日 GS温泉合宿
(温泉地の隔離された空間で作業。観光も企画。宿泊費等は塾が負担。)
×
GS勉強会・石田塾長宅飲み会(期間中1回) ×
石田(アカデミアジャパン)とのタイアップの権利 ×

 

11期GS温泉合宿の体験談はこちらです↓

石田塾11期GS(グランドステージ)温泉合宿体験談

GS受講生のみの権利

石田塾GS懇親会

さて、GS受講生は一般の石田塾生に比べて圧倒的に権利が多いのですが、このGS受講生のみの権利が、いったいどのぐらいのボリューム感か見当がつかないと思います(僕もそうでした)。

これまで10期・11期GSに在籍して、GSの様々な勉強会、懇親会、面談、サシ飲みに参加させていただきましたが、一言で言うと「権利全てを使い切れません!」それぐらいのボリュームと権利の許容度が高い内容です。

いや、もちろん貪欲に「全部使い切ってやろう!」という方は、是非挑戦してみてください。

ただし、これはGSであろうとなかろうと同じですが、石田塾受講中は自分で決めたテーマを進める日々なので、作業と質問が中心の生活になります。

当然ながら、みなさんの日々の生業や家の用事などと並行して、石田塾の作業を進めていくのです。

それに加えて、お住まいのエリアにもよりますが、塾長の面談を受けたり直接コンサルを受けたり、あるいはスカイプでてもしょっちゅうサポートを受けたり、塾長とサシ飲みをしたり、というのはかなりの忙しさです。

僕は、初めてGSに入った当初、この権利をできるだけ享受しようと、「毎月3回面談に行くぞ」と決めていたのですが、結局1期の中で2~3回しか行けませんでした(あくまでも僕の場合です)。

しかしながら、これまでのGSの勉強会や合宿、懇親会などを通して、「まだ受け足りない」と思ったことはありません。贅沢なかつ充足した状態を感じています

肝心なのは、権利全てを使いきるかどうかではなく、自分が作業を進めて稼ぐ力を身につけることです。そのために、石田塾長は全身全霊をこめてアドバイス・協力してくれます

これは、一生懸命取り組む人には、僕からも保証します。

いつ何時でも本気で答えてくれる、ちょっとクレイジーな人

これは珍しいので強調しておきますが、石田さんは、いつ何時でも作業のアドバイスや疑問への回答をしてくれます。

「もう営業時間外だから明日にしましょう」などと言ったことを、ここ15年間聞いたことがありません。

飲んでいるときも、食べているときも、カラオケしているときでさえ、本気で質問すれば本気で答えてくれる、いい意味でクレイジーな人です。

言い換えると、表も裏もない、人によって態度を変えたりしない、時と場所によって本気度が変わったりしない人です。

例えば、夜中にチャットで質問しても、10分後に返事が返って来たり!翌朝の7:00ごろにメッセージが来たり!それが1回だけではなく、受講中ずっと続くのです。

きっと、休んでいないのか、「待たせてはならない」と強く思っているのか、とにかく手を抜きません。

以下は、早朝の6時・7時台のLINEのやり取りです。早朝でもごくフツーに塾長とGSの塾生が活発にやり取りしています(笑)。

本当に、こういうことが当たり前にあるのです。

こんな塾長、他では聞いたことありませんよね!?

是非、どんな小さなことでも聞いてみてください

石田塾12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます(このサイトからお申込みください)↓

石田塾について、現役塾生として疑問・質問受け付けます!

石田塾について、塾生の学び方についてなど、ご質問があれば現役の塾生として僕がお答えします。どんな小さなことでも、ご遠慮なくお問合せください。

こちらからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る