体験談

石田塾11期GS(グランドステージ)温泉合宿体験談

 

30名の団体による、勉強・ご馳走・温泉・観光の3日間!

旅館「青山やまと」中庭の風景

石田塾11期のGS(グランドステージ)では、2019年5月27日(月)・28日(火)・29日(水)で、2泊3日の温泉合宿がありました。

この温泉合宿は、GSの受講期間内で最大のイベントです。

この合宿の企画、部屋割り、食事手配、観光手配、段取り等全てのことは、石田塾長の奥様である専務が担当されているそうです。業務とはいえ、これだけの人数の滞在と観光をまとめるのは、ご苦労の多いことと思います。

特に人数については、前回10期の時には塾生が6~7名だったのですが、今回11期では塾生は20名ほどでした!(スタッフの方たちを入れると滞在人数は30名ほど

まさに高級旅館ほぼ貸しきり状態の合宿でした。

勉強・作業は、旅館内にあるセミナールームを借りて行なうのですが、前回一室だったところ、今回は二室貸切の独占状態。

前回からさらにパワーアップした、作業も遊びも全開状態の濃密な3日間でした!

伊東駅でのトラブル!持つべきものは信頼できる仲間!

JR伊東駅前

合宿の話をする前に、ひとつ合宿と関係ないエピソードを紹介します。

僕は、旅館に集合する1時間半以上前にJR伊東駅に到着し、普段の仕事がWeb制作業なので、駅のカフェにてノートブックPCで作業していました。

このとき、無線LAN環境がなかったので、スマートフォンでテザリングして(スマホをPCの送受信機にする方法)オンライン作業をしていたのですが、どうもその場所の電波状況が良くありません

でも、すぐにやらなければならない作業だったため、何とか続けていました。

するとある瞬間、公開中のクライアントのサイトが、不安定な電波状況のために中途半端なアップロード状態になり、トップページが真白になってしまいました!

慌ててアップロードしなおそうとするのですが、なかなか電波がつながらないため、できません。

僕は普段は一人で作業しているのですが、急遽、普段協業しているパートナーに連絡をして、ヘルプを頼みました。

幸いにも彼はLINEですぐ応答してくれて、僕から彼にHTMLファイルをメールに添付して送り、彼のPCからサーバーにアップロードしてもらいました。

そして、すぐにトップページは復帰できました!

普段、たった一人のオンライン作業だけで成り立っている業務も、こうしたときには「人づて」で解決するしかありません。

やはり、信頼できる仲間は何よりの財産です。というか、生きていく上で必要です。

GSメンバー(石田塾長宅)

このとき助けてくれたのは普段の仕事仲間でしたが、石田塾には同じように信頼できる仲間が何人もいます

それらの人たちとは、塾生という立場を越えて連絡を取り合い、あたかも旧友のように親しい付き合いをしている場合もあります。

同じ方向を向いた仲間、そして一緒に頑張っている仲間なので、1期の期間の間、つまりほんの半年の間に、他ではないほど親しい友人になってしまうことがあるのです。

いつでもLINEでつながっていて、何か語りかけたら、早くて1分以内に返事が返ってきます (≧▽≦)

誰かが困っていると、解決策を知っていればすぐに伝えたり、相談に乗ったり、元気がなければ励ましたり、何かに成功したら共に喜ぶ、そして次の瞬間には競い合うよきライバルになっている、そんな仲間です。

GSコースにいたっては、普通コースよりも普段の接触が多く、この温泉合宿では寝食もともにしますから、いわば人生の友といっていい仲間ができてしまいます(もちろん、塾長ともスタッフの人たちとも親交が深まります)。

旅館に着くなり、すぐさま勉強会!

旅館のセミナールームで勉強会開始!

さて、前回と同じように、バスで旅館に着くなりすぐに勉強会の会場へ直行、そして間髪入れずにセミナー、勉強会が始まります (^-^)

はい、この高級旅館に何をしに来たのか?

もちろん、本格的な温泉に入り、ご馳走に舌鼓を打ち、楽しくお酒を飲む。そんな贅沢な時間を堪能しに来ました。

それと同時に、セミナー、勉強会、作業をやりこみに来たのです! (≧▽≦)

この、外界から隔絶された高級旅館に缶詰になって、心置きなく勉強・作業に没頭するのです。

何という贅沢なことでしょうか!

総勢20名近くの塾生が、まるで都市部でやる普段のセミナー会場のように、席を埋め尽くしています。

この日は、塾長による、ブログでのアクセスアップ、ブログの収益化などについて、普段よりさらに突っ込んだ内容のセミナーが行なわれました。

実はこれも、GS特権の一つなのです。

何が「特権」なのかと言うと、一般コースの人が参加できる石田塾全体セミナーや勉強会でも、核心に迫った内容のセミナーを行ないますが、GSセミナーでは、さらに最新の一歩踏み込んだ情報(この記事などでは決してお伝えできないコアな内容)を一般コースよりも先に教えてもらうことがあります。

最新情報や踏み込んだ内容のセミナーに、真剣に聞き入るGS生

ただし、それと同時に基本作業としてベーシックな作業の学習も行なうので大丈夫です。

もし、この記事を見ている方で

GSは高度な内容しか扱わないのではないか?
初級者には理解できないような作業をするのではないか?

・・・などと思っている方がいるとしたら、それは全く違います!

もちろん、人それぞれに取り組みたい作業をするので、高度な作業をしている人も確かにいますが、そうした人のレベルを基準にするわけではありません。

高度な作業をする人もいれば、基本的な作業に打ち込む人もいる、ということです。

実際には、GSの半数以上の方が、初級者もしくは初級者より少し進んだぐらいの方だと思いますので、ほとんどの人が基本的な作業に取り組んでいると思います。

むしろ、一人ひとりに専用のコンシェルジュ(サポートスタッフ)がつきますので、普通コースよりもさらに親切・丁寧です。

質問も、ごくベーシックな疑問などが出ますが、そのままで全く問題ありません。

石田塾普通コースもGSコースも、それぞれのレベル・段階に応じて進めるので、理解度や進捗の違いを心配する必要は全くありません

むしろ、じっくりと自分のペースで進めることができると思います(12期のGSではしっかり進捗管理をするようですが、それもその人の状態に応じてのことです)。

石田塾12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます(このサイトからお申込みください)↓

 

僕が石田塾GS(グランドステージ)で手に入れたものは何か?石田健さんが180億稼いだ秘密は何なのか?こちらからご覧ください↓

30人の宴会

約30名で乾杯!

初日からたっぷり勉強・作業したあとは、お待ちかねの夕食です。

前回同様、おいしいお料理と、飲みきれないほどのお酒が出てきます。お酒は、宴会場の片隅に設けてもらった、特設の「お作りスペース」で作ってもらったり、自分で作ったりします。

まあとにかく、おいしいのと楽しいので、ついつい食べ過ぎてしまい、実は僕はプチ糖質制限しているのですが、合宿終了時には体重が1.5kg増えてました ( ̄▽ ̄;)

おいしいお料理が次から次へと・・・

でも、温泉合宿は、期間内に1回だけ、しかもGS最大のイベントなので、ここであまりセーブしても楽しめません。だから、制限はいったん解除しました(ご飯だけは半分にしておきましたが)。

というか、そもそも糖質いっぱいのおかずは出てきていないと思います。健康的で豪華な和食です!

お酒もたんまりと・・・

食べ物についても、個人個人の不得意なものをできるだけ避けた内容を出してくれているようです。例えば、生ものがダメな人には、煮物や揚げ物でカバーしてもらうなどを、事前に旅館に伝えているのです。

何と細かい配慮でしょうか・・・。

食事のあとはカラオケ!

もちろん、塾長も歌います

お楽しみの温泉は、食事の前後、各自行けるときに自由に行きます。

食事、その後のカラオケと、目白押しですから、あまりのんびりしていると入れません。温泉は、行けるときに何度でも行くのです (^-^)

カラオケは、前回10期のときと同様、館内のカラオケスペースを事実上貸切でやりました。

あ、カラオケはあくまでも自由参加なので、部屋に戻ってくつろいでもいいし、温泉に入ってもいい、作業してもいい、はたまた夜の町に出かけてもよいです(夜の町は自己責任で)。

ただし、せっかくのGSですから、メンバー同士でハメをはずすのは悪くないと思います。

スタッフの人も一緒に歌います

さて、今期はとにかく(スタッフの方も入れて)30人ですから、一人何曲歌えるのやら・・・。つまり、スタッフの方も歌うということです。

まあ、積極的に選曲・予約してどんどん歌ったほうが勝ちなのですが、なるべくみんなが歌えるようにと、順番は回されました。

ここでもお酒をガンガン飲むので、もう結構出来上がっていて、いい調子です (//∀//)  あ、無理して飲む必要は全くありません!

このあと、さらに遊び足りない人たちが、町に下りていって(下りていくというのは、旅館が高台にあるので本当なんです)、夜のお店でさらに飲み、歌い、深夜に帰還した模様です ( ̄▽ ̄;)

今回も、一人一部屋という贅沢さ

この広い部屋に一人で寝ます!

今期は、人数が多いので、どこまで部屋を確保できるかわからず相部屋になるかもしれなかったのですが、最終的には塾生は一人一室用意していただきました!(スタッフの方たちは相部屋だったようです)

事前に多くの塾生は「相部屋でもかまわない」という申し出はしていたようですが、最終的には専務の取り計らいで一人部屋になったようです。

前回に引き続き、大変贅沢な使い方で、ありがとうございました!

2日目は朝ウォーキングから!

2日目の朝は、ウォーキングでスタート!

実は前夜のうちに、早朝にウォーキングしようという有志が集まり、朝6:00に旅館のロビーに集合しました。

これには塾長も加わり、前夜遅くまでスナックで飲んでいた人も含まれていましたが、みんなちゃんと時間通りに来て、僕を含めて全5名で出発しました。

塾長は、普段から朝8kmから10km程度、時間にして1時間以上もジョギングしているので、ウォーキングなど遊びのようなものでしょう。

僕は、急遽の参加だったので、寝たときのままのスエットの上下で参加しましたが、塾長はいつものジョギングスタイルで参加。ちょっと蛍光色っぽい黄色いシャツを着ています。

この色は、薄暗くても(車などから見て)視認性がよいのだそうです(さすが、細かい配慮です)。

旅館を出て伊東の港まで、町を散策しながら往復1時間半程度のウォーキング。前夜の酒も抜けて(笑)、身も心もスッキリしたスタートを切りました!

しかし、普段から走っている塾長の徒歩スピードは早く、日ごろ運動不足の僕はついていくのに必死でした (^-^:)

2日目の午後は観光

大室山頂上から周囲を見渡すと、絶景です

2日目は、前期と同様、午前中はしっかり勉強・作業をして、午後は観光に出かけました。

今期は人数が多いため、2つのコースを用意してくれて、それぞれ希望のコースに分かれました

一つは、前期と同様「大室山登り(といっても、頂上まではリフトに乗ります)」で、伊豆の名所のひとつである「大室山」の頂上を歩くというすがすがしいコース。

もう一つは、「グラス工芸体験」で、「伊豆クラフトハウス」というところで「江戸切子」で使用する数種類の色グラスの中から選んだグラスにシールをアレンジして張り合わせ、オリジナルのデザインを仕上げていくという工芸体験のコースです。

僕は大室山が好きなので、前期と同じ大室山コースにしました。

この日、雨が降るか降らないかという曇り空で、結局はほとんど降らなかったのですが、頂上の風が結構なものでした。

時折突風が来て、吹き飛ばされそうに!

初日は半そでで十分な気候でしたが、この日僕は一応上着を持って行きましたが、これが正解でした。

頂上では風が強く、時折突風が来て吹き飛ばされそうになります!

傘などさそうものなら、吹き飛ばされるか裏返しになって壊れてしまうというぐらいの、ちょっと危険な状態でした。

まあ、プチサバイバル的な感じで面白く、頂上を一周だけして下山する人もいれば、塾長や僕を含めて(時間つぶしと健康のために:笑)しつこくもう一周する人たちもいました (^-^)

大室山は相変わらず美しく、見下ろす下界も絶景でした。

一方、グラス工芸のほうも大変好評だったようで、皆さんかなり楽しまれたようです。仕上がったグラスは、後日各自の自宅に配達されたそうです。

専務、楽しい観光の企画をありがとうございました!

グラス工芸も大好評!

3日目、最終日も出発前まで作業

3日目、最終日です。

2日間の作業、遊び、カラオケ、スナックなどでこってり過ごしてきた塾生にも、やや疲れが見え始めていますが(笑)、15:00ぐらいの出発ギリギリまで、作業は行なわれました

そうです。あくまでもこれは「温泉合宿」、作業するための強化合宿なのです。

おのおのの作業に取り組んだり、地方の人でなかなか面談が組めない人は塾長との個人面談をしたり、塾長の乗ってきたフェラーリに乗せてもらったり(実際には走らず、乗車するだけだったようです)、最後の最後まで合宿を堪能しました


これで、石田塾11期GS(Grand Stage)の温泉合宿の体験談は終わりです。

僕(国府田)は12期GSを継続します。あなたと、12期GSでお目にかかれることを、楽しみにしています!

さあ、迷ったり戸惑ったり、「変化を拒んで」気持ちが揺れ動く前に、すぐに申し込みましょう!

迷っている時間には、何も生まれません

石田塾12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます(このサイトからお申込みください)↓

 

僕が石田塾GS(グランドステージ)で手に入れたものは何か?石田健さんが180億稼いだ秘密は何なのか?こちらからご覧ください↓

石田塾について、現役塾生として疑問・質問受け付けます!

石田塾について、塾生の学び方についてなど、ご質問があれば現役の塾生として僕がお答えします。どんな小さなことでも、ご遠慮なくお問合せください。

こちらからどうぞ!

石田塾10期GS(グランドステージ)温泉合宿体験談

 

※これは10期GS(グランドステージ)の温泉合宿体験談です。11期GSの温泉合宿レポはこちらです。

石田塾11期GS(グランドステージ)温泉合宿体験談

超濃厚な3日間の温泉合宿!

石田塾10期のGrand Stage(GS)では、2018年10月14日(日)・15日(月)・16日(火)で2泊3日の温泉合宿がありました。

「温泉合宿」とはいったい何なのか。

その名のとおり、温泉旅館に泊まって勉強会 + サイト構築などの作業をする合宿です。これはGSメンバーだけが参加できる特典で、GSの受講期間の中で最大のイベントといってもいいでしょう。

会場は、伊東の高級旅館「青山やまと」でした!

実は、僕がいなかった9期のGS温泉合宿は1泊2日だったそうなのですが、1泊だとなかなか忙しく、観光タイムも取り入れたかったため、10期では2泊3日に延長されたそうです。

これが、とても楽しく、高密度なものでした(*^o^*)/

旅館「青山やまと」からの風景

10期の宿泊は伊東の高級旅館(掛け流し温泉)でした

10期温泉合宿は伊東温泉でしたが、原則として現地集合、現地解散です。

ただし、伊東の駅に旅館の送迎バスを用意してもらったので、ラクラク旅館に到着できます。帰りも同様に、旅館から送迎バスで伊東の駅まで送ってもらうので安心です。

車で集合・帰宅したい人は、宿に車が停められるので、それも可能です。

旅館は、山の上の高級旅館「青山やまと」。

この旅館を選んだというアカデミアジャパンさんの専務(石田塾長の奥様)いわく、ここは「掛け流し温泉」だそうです。

温泉には「掛け流し温泉」と「循環式温泉」があります。

「掛け流し温泉」は、いつも新しいお湯を供給している温泉で、一度使用されたお湯は再利用されずに排出されます。「循環式温泉」はリサイクルされます。

つまり、「掛け流し温泉」の方が贅沢で本物、ということですね。

宿に到着して→すぐさま勉強会

石田塾長の指導で勉強会開始!

宿に到着してロビーでお茶をひとすすりしたら、荷物を持ってすぐに宿にあるセミナールーム(会議室)に集合しました。

このセミナールームが、GSメンバーの3日間の勉強部屋となるのです(石田塾の貸切でした(^-^:))。ベンツで旅館に駆けつけた石田塾長は、既にこの会議室で待っていました。

セミナールームには、パソコンのプロジェクターがあり、参加者全員が一人一つのデスクに陣取って、実にゆとりのあるスペースの使い方で勉強会が始まりました。

そうです。合宿は、勉強会や作業をするために来たのであって、ただの温泉旅行に来たわけではありません。

一人ひとりに気配りのある丁寧な指導、まさにGSの特徴

初日から密度高く、勉強会と作業は始まりました。
(※当サイト書いてある作業内容は10期温泉合宿のもので、11期温泉合宿の内容ではありません)

初日は、リストビジネスの基本をマスターするということで、「無料レポート」の作成、メルマガの作成・配信、送信完了(サンクス)画面の作成など、リストを取るのに必要な基本的要素を「その場で全員が」作っていきました。

まさに実践の作業です。

普段の自分だけの作業では(様々な雑音・誘惑が入って)なかなか進まないことがあるかもしれません。

しかし、この世間から隔離した空間では邪魔するものは何もなく、じっくりと取り組むことができます。

実践的な勉強会と作業

作業は、メンバー全員が漏れなく完了するまで、行ないました。

石田塾長は、全員に仮題を与えると同時に、一人ひとりの状態を見て、疑問が残らないように非常に丁寧に指導していきます。

決してせかすことなく、ゆっくりと細かく指導してくれるため、誰もが安心して自分のペースで進めることが出来ると思います。

つまり、全体の作業を進めると同時に、個別指導も行なうのです。

ここに、一般の石田塾カリキュラム以上に、実践的な作業を綿密に進めるというGSの特徴があります。

一人一部屋という贅沢さ

勉強会の後に部屋に入ったのですが、驚いたのが、12畳ぐらいの広さの部屋が、一人一室用意されていたことです。

僕がもし家族旅行で来たとしたら、その一室に家族全員が泊まるのが普通です。それを、一人ぼっちで使うのです。

何と贅沢な使い方でしょうか

ここに一人で寝るんです!

石田さんレベルであれば、こんなのも全然質素なのでしょうが、僕はこんな贅沢な使い方で宿泊したのは初めてです。

この部屋に一人で泊まるのが当然になるように(ゆったり使うのが当然になるように)、収益を上げていこうという、ひとつの未来像ですね。

源泉掛け流しの温泉は、好きなだけ入れます。非常にいいお湯で、たっぷり浸かりました。

そしてお湯から出たら夕食です。専務が手配してくださったおいしい料理、お酒を堪能しました。

宣伝ではなく、本当にとてもおいしかったです(この宿は、地元でも有名な由緒ある高級旅館なのです)。

本当においしい夕食。塾長は糖質制限中!

このころ石田塾長は糖質制限をしていて、出てきた料理も一つずつチェックしていました。「これは食べられる。これは無理。これちょうだい?」などです。

夕食の後は、宿のカラオケ会場にてカラオケ三昧です。石田さんも、専務も、同行したアカデミアジャパンさんのスタッフの方も、もちろんGSメンバーも歌いました。

あ、これは自由参加なので、行かなくてもOKです!

夕食の後は、カラオケでもよし、温泉に入るのもよし、自室で作業するのもよし、自由時間です。

夜遊び隊も出動

さて、ガッツリと勉強会・作業、温泉、夕食、カラオケしたにもかかわらず、それでも遊び足りない人たちが、夜の街に繰り出します。2日目は僕もその一人でした (//▽//)

温泉街のスナックを徘徊し、時間の許す限り歌って騒いだのです。

初日に行ったみなさんは、午前零時ごろに宿を出発してスナックを探しまわり、帰還したのが2:00ごろだったそうです。

あまりの遊びっぷりに、普段はまじめなGSメンバーのMさんも、二日酔いで朝食を食べることができませんでした。

そしてまた、平常どおり2日目の勉強会が始まります。

ガッツリ飲んでガッツリ食べ、温泉を堪能して、遊びたい人は自己責任で夜まで遊び、翌日またガッツリと勉強会。

まさに、夢か現実か定かでない濃密な時間が過ぎていきました・・・。

念のため書きますが、夜遊びは自己責任で好きな人がやった行動で、全員参加の行事ではありません。GS温泉合宿でそんなことする必要性は、全くありません。

余計な夜遊びなどせず、ゆっくりお風呂に入ってたっぷり寝れば、疲れもなく爽快な状態で勉強会に臨めますので、ご安心ください。本来はそのための温泉合宿なのだと思います。

もちろん、夜でも作業をしたかったら自室で思う存分作業できます。

現に専務は、この夜遊び隊の奔放さに呆れ果てていました。
専務、スミマセン m(_ _)m

ただ、石田塾長も夜遊びに付き合ってくれることがあるため、生涯忘れられない体験になるかもしれないということだけは、お伝えしておきます('▽'*)

あとは大人として判断してください!

午前0:00ごろ。某スナックでの石田塾長とGSメンバー。

 

石田塾12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます(このサイトからお申込みください)↓

 

僕が石田塾GS(グランドステージ)で手に入れたものは何か?こちらからご覧ください。

石田塾長の別荘を訪問!

2日目の観光タイムでは、何と観光バスを借り切っての周遊をしました(バスの経費などは、全て石田塾負担です)。

伊東の町から、大室山に行って頂上までリフトで上りました。広々として、日本ではないような、とてもよいところです。まるで、ミネラルウォーターのVolvicに出て来る写真のようなイメージです。

石田塾長と専務(奥様)

途中のドライブインのような食堂で、昼間からお酒を飲みながら食事をし、城ヶ崎海岸に行ったり、そして最後にはなんと、近隣にある石田塾長の別荘にお邪魔しました!

別荘地の中のさらに高台で、バルコニーやお風呂場から海が見える、すばらしいシチュエーションです(今回は、目の前に木が生い茂っていたのと天気の状況で、海はクリアには見えませんでしたが、いつもは海が見える絶景のお風呂だそうです)。

別荘地の高台にある石田塾長の別荘!

別荘には海が見えるお風呂があって、温泉が出ます!

ああ、こんな別荘があったら、夏は食糧を買い込んでバルコニーで朝からビールを飲み、ダラダラと過ごしたい。

そして気が向いたらすぐ近くの海に釣りに行ったり、伊豆半島を観光したり、泳いだり、おいしい魚の店を訪ねたい。

妄想は膨らむばかりです。でも、その妄想は手の届くところにあるのではないか、そう思っています。

観光の道中、ずっと貸し切りバスで移動したのですが、途中から石田塾長自らバスガイドを始めました。そう、よく通過する観光地をマイクで紹介してくれる、あれです。

バスの中では塾長がバスガイドを!

勉強会でも遊びでも、みんなが退屈しないように、石田塾長はいつも気を配っています。みんなを楽しませる遊び心、そしてパフォーマンスを忘れません。

塾長!たっぷり観光を堪能しました。ありがとうございました!

よく学び、よく遊び、日常から離れたGSどっぷりの世界

バスを借り切っての周遊観光

とにかく、合宿中は、作業を邪魔するものは何もないので、本当に集中して勉強・仕事することができます。

よく学び、よく食べ、よく飲み、よく歌う。これの毎日が、温泉合宿でした。石田塾長もほとんどべったり一緒に行動します

石田さん、専務、同行いただくアカデミアジャパンのスタッフの方、塾生メンバー、みんなと隔たりなく、気兼ねなく、打ち解け合うのです。

この自由さ、奥深さは、石田さんのキャラクターそのものです。おそらくこんな機会は、GSの温泉合宿以外ではありえないでしょう。

現実に戻れない、いや戻る必要はない

合宿の最終日も、解散前ギリギリまで勉強会・作業は行なわれます。

この最終日には、動画の編集とユーチューブへのアップ、さらにサイトへのSNSのタイムラインの読み込みまで行いました(動画編集は、情報ビジネスをやるときに役立ちます)。

最後の最後まで、たっぷりと作業に取り組みました

みんなが足並みをそろえてこれほどの仮題をこなしていくのは、合宿以外ではできないでしょう。

忘れられない3日間となりました

帰りの送迎バスを見送る石田塾長と専務(奥様)

帰りの電車の中、現実に戻りたくないという気持ちが沸きました。

このまま、普段のルールに縛られず、思ったとおりの仕事や遊びを続けたい!この楽しみをやめたくない!

いや、やめなくてよいのです。

このやり方で目いっぱい仕事をして、稼ぎの力を身につけて、自由に生きていく力を手に入れれば!


これで、石田塾10期Grand Stageの温泉合宿の体験談は終わりです。

僕(国府田)は11期GSを継続します。あなたと、11期GSでお目にかかれることを、楽しみにしています!

さあ、迷ったり戸惑ったり、「変化を拒んで」気持ちが揺れ動く前に、すぐに申し込みましょう!

迷っている時間には、何も生まれません

石田塾12期が募集開始されました!!先着150名のみが特別価格(大幅に割引)で申込みできます(このサイトからお申込みください)↓

 

僕が石田塾GS(グランドステージ)で手に入れたものは何か?こちらからご覧ください。

石田塾について、現役塾生として疑問・質問受け付けます!

石田塾について、塾生の学び方についてなど、ご質問があれば現役の塾生として僕がお答えします。どんな小さなことでも、ご遠慮なくお問合せください。

こちらからどうぞ!